元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

スコッティーキャメロン Golo 5 ヘアライン加工してみました。
0

    私が現在サブで使っているパターの中の1本をご紹介します。

     

    左に引っ掛けにくく重宝しているパターです。

     

    スコッティーキャメロン Golo5です。

     

     

     

     

     

     

    これが発売された時に、キャメロンのピン型を使っていたのですが左に引っ掛けるミスが出始めました。

     

    ちょうど友人がGolo5を使っていたのでコースにて試打させてもらい気に入ってしまいました。

     

    それとは逆に友人には合わず格安で譲ってもらったパターです。

     

    打感は少しソリッドですが、距離感、方向性がバッチリ!!

     

    ただ、ひとつだけ気に入らない部分がありました。

     

     

     

     

     

     

    上から見るとシャフトがフェース面より出ています。

     

    別に問題ではなく、シャフトのメッキでフェース面の見え方に違和感があるんです。

     

    フェース面がちょっと湾曲してみえてしまって気になりだしたら、パターに集中できなくなってしまうんです。

     

     

    そこでこのシャフトのクロムメッキ部分の艶を無くしてしまおうと考えたわけです。

     

    最初は塗装しようと思ったわけですが、使っているうちに剥げてきそうなのでヘアライン加工しようと思いつきました。

     

     

     

    ヘアライン加工

     

    属の表面処理加工の一種で、単一方向に髪の毛ほどの細かい傷をつける加工法、および、そのような加工方法による仕上げ方のこと。

     

     

     

    さっそく作業に取り掛かります。

     

    作業といっても、シャフトを脱着したくはないので、このまま作業します。

     

    ヘッドを傷つけないように慎重に・・・

     

     

     

     

    写真では判りにくいですが見事に艶消しになっていい感じです。

     

    景色の写りこみもなくなりフェース面も湾曲して見えることはなくなりました。

     

     

     

     

    これはクロームメッキとヘアライン加工した境目の画像です。

     

    もう少し綺麗に仕上げられたかなと思いますが、OKとしましょう。

     

    最初はもったいないと思いましたが、気になって入らないパターであれば持っていても意味がない!と言い聞かせ作業しました。

     

    明日のラウンドのパターはこれで行こう!!

     

     

     

     

    | イーグル | MYセッティング | 23:22 | comments(0) | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 golf65@f430gt.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE