元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

PRGR RSフォージドアイアン 
0

     

     

    今回はプロギアから発売されたニューアイアン、RSフォージドをレビューしてみたいと思います。

     

    まずは先代との違いは一目瞭然ですね。

     

    2016年に発売されたモデルは中空構造をしています。

     

     

     

     

    今年のモデルはポケットキャビティーになりました。

     

    先代のアイアンよりは小ぶりになりました。これは中空構造でちょっと厚みがあったから余計にそう思うのかもしれません。

     

    ソールの形状なども普通です。

     

    先代はグラインドがつけられていましたが、今回はノーマルですね。

     

    ではスペックと今回のモデルの特徴をみていきましょう!

     

     

     

     

    飛び+操作性。こだわりの、新RS フォージドアイアン。

    • 薄肉高強度板版フェース、フェース裏溝加工で飛距離を確保しながら、
      振動減衰剤「FLASH ONE※1」の採用で、吸い付く打感を実現。
    • 「実打点」(ソールから17mm。アマチュアゴルファーの平均打点)の反発性能をさらに高めたヘッド。
    • 構えやすいストレートネックのコンパクトヘッド。調角可能な軟鉄鍛造。

     

    スペックは

     

     

    ※メーカー資料抜粋

     

    試打したスペックはスペックスチール Ver.2というプロギアの純正スチールシャフト。

     

    NS製なのですが、重量フローしているシャフトですね。

     

    アドレスしてみると小ぶりといってもアスリート向けアイアンにしては少し大き目かなというサイズ感でした。

     

    ストレートネックなので構えにくさはありません。

     

    打ってみると、弾道は高弾道!ストレートからややドロー。つかまった球が楽にうてるアイアンです。

     

    スピン量もストロングロフトにしては多い。

     

    アイアンのスピン量はドライバーと違って少なければよいと言うものではありません。

     

    アイアンの最適なスピン量は番手×1000といわれています。

     

    打感は多少弾き系ではありますがマイルドな打感です。キンキン感はないですね。

     

    操作性に関しては、どちらにも曲げることは可能ですが、思ったより曲がらない!

     

    オートマチックに打って行ったほうが結果は良かったです。

     

    ちょっと不満をあげるとしたら、RSフォージドはもうちょっとアスリート向けに振ってもいいのかなと思いました。

     

    RSもあるので、7番のロフト32度くらいでAP2と張り合えるようなセッティングにして欲しかったです。

     

     

    | イーグル | - | 21:33 | comments(0) | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 info@f430gtb.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE