元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

<< 打感・飛距離が向上!!ホンマゴルフ TW747 VX アイアン | main | やっぱり飛んだ!Mグローレ ドライバー >>
かつてない飛距離 ホンマ TW747P アイアン
0

    TW747Vxに引き続きTW747Pです。

     

    今回のTW747Pは前作と大きく違ってきました。

     

    それは・・・・

     

     

    後ほど!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回のTW747Pをみたときにツアーワールドシリーズのアイアンではなくビジールが新しくなったのかと思いました。

     

    このカラーリングが気に入りません。

     

    ツアーワールドはプロユースではなかったのか!?という個人的な想いがありましたので、プレスリリースを見た瞬間がっかりしました。

     

    しかもスペックをみてビックリです。

     

     

     

     

    TW747Pスペック
    番手 ロフト ライ角
    4 19.0 60.0
    5 21.5 60.5
    6 25.0 61.0
    7 28.5 61.5
    8 33.0 62.0
    9 38.0 62.5
    10 43.5 63.0
    11 48.0 63.0
    SW 56.0 63.5

     

     

     

     

    まずは7番アイアンのロフトが28.5度!!

     

    もはや超ストロングロフト。ツアーワールドがここまでロフトを立てる必要があるのでしょうか?

     

    一部説では笠りつ子がTW737Pのロフトを立てて使用していたからとかあります。

     

    そんなことは全部ビジールブランドに任せておけばいいんです。

     

    またTW737VsとTW737Pのロフト構成が被るからとか聞こえますが、構造が違います。

     

    キャビティ構造とポケットキャビティー構造では弾道も違えばスピン量も違います。

     

    TW737Pはアスリートが使えるポケットキャビティーでした。

     

    ではその他の変更点は!?

     

    ソールにタングステンを20g搭載しています。

     

    これはストロングロフトでも球を上げやすくする効果があります。また寛容性も高くなりオフセンターヒット時でも飛距離の落ち込みも少なくなるでしょう。

     

    ポケキャビながらシャープな形状

     

    タングステンを20gを搭載している割にはシャープな形状です。

     

    不満ばかり言っても始まりません!早速試打してみましょう!!

     

    アドレスしてみるとトップブレードの厚さはシャープに出来ています。

     

    M4アイアンに比べれば凄くスマートに感じます。この辺はさすがホンマといったところですね。

     

    打ってみると・・・・

     

    打感は3Dエンブレムにより打感の向上とありますが、弾く感じは否めません。

     

    弾道は高弾道で飛んでいきます。

     

    つかまりも今までのPのなかでは一番つかまります。

     

    寛容性も問題なく芯を外しても飛んで行ってくれます。操作するよりも素直に打って行きたくなるアイアンです。

     

    これはこれで素晴らしいアイアンになっていると思います。

     

     

    しかしTWシリーズはアスリート向けのアイアンのはず!

     

    もう少し操作性が欲しいです。

     

    球を低く打とうとしてもイメージよりも高く上がってしまう。コースでは曲げて攻めなくてはいけない時も多々あります。

     

    コースの形状やセカンドショットの位置など・・・

     

    またアイアンはグリーンを狙うクラブです。

     

    しかもピン次第ではボールを右から回して狙う場面もあると思います。

     

    イメージがわきません。それくらい曲がらないアイアンでした。

     

    また不満を言ってしまいましたがアイアンの完成度はとても高いです。

     

    当たれば飛んでくれます。

     

    しかしなが競技志向でも使えるポケットキャビティーを貫いてほしかった。

     

    時代がアイアンも飛び系にシフトしているからしょうがないかもしれません。

     

    技術の進化が飛距離なのでしょうか?

     

    アイアンに関しては止めないといけないクラブではないのでしょうか?

     

    私的に納得のいかないアイアンでした。

     

    これがビジールで発売されていれば納得でした!!

     

     

    TW747Vxの試打・レビューはこちらから

     

     

     

     

     

    | イーグル | 試打ーアイアン | 13:01 | comments(0) | - |









    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 golf65@f430gt.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE