元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

<< タイガー・松山秀樹復活なるか!? 2018年 ツアー選手権byコカ・コーラ | main | 2019年 アイアン 購入時にはここをみろ!! >>
高弾道!高初速!!ヤマハ 2019 UD+2ドライバー
0

    今回はFWに引き続きドライバーです。

     

    UD+2のライバルとして挙げられるのではダンロップのゼクシオやテーラーメイドのグローレになると思います。

     

    2017年モデルも高弾道でドロー軌道のドライバーでした。

     

    2019年は全モデルを越えることが出来るのでしょうか!?

     

    まずシリーズに共通して言えるのが初速の速さ。

     

    反発係数ギリギリです。

     

    しかし反発係数を上げていけば飛ぶのかというと、そうは簡単にいきません。

     

    打ち出し角・スピン量など適正になって初めて最大飛距離に達するのです。

     

    では2019年モデルはどのようなドライバーなのでしょうか。

     

     

     

     

     

     

     

    フェース全体をトウー側に3mm移動することでインパクトのエネルギが大きくなります。

     

    これはフェアウェーウッドにも採用されているテクノロジーです。

     

     

     

     

     

     

    全モデルも反発性能は高くオフセンターヒット時でも飛距離ロスが少なかったですが、2019年モデルは7さらに反発エリア上下方向に全モデル比5%拡大しています。

     

     

     

     

     

     

     

    上の画像がからわかるように今回のUD+2は低重心で深重心設計。

     

    上がりやすくつかまる仕様となっています。

     

    早速打ってみると・・・

     

    アドレスするとヘッドが大きく感じられ安心感があります。

     

    叩いていくというよりはヘッドの重さを感じつつスイングしていくと、高弾道のドローボールが連発してくれます。

     

    投影面積が大きいので多少はつかまり難いのかと思いましたが全く右に出る球はありませんでした。

     

    ターゲットとしてはスライサーが最大距離を出しやすいドライバーです。

     

    ヘッドがかえりやすく、投影面積が大きいモデルで寛容性があり、つかまってくれるドライバーです。

     

    力まずシンプルにスイングするだけで勝手に飛ばしてくれるドライバーです。

     

    ゼクシオを使用してもつかまらない方、UD+2ドライバーはつかまりますよ!!

     

     

     

    | イーグル | 試打ードライバー | 20:39 | comments(0) | - |









    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 golf65@f430gt.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE