元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

<< ゴルフの話しではないですが・・この椅子素敵です! | main | KAMUI(カムイ) TP−09D ドライバー レビュー >>
飛ぶ・叩ける!!カムイ TP−09S ドライバー
0

    カムイから発売されているドライバーTP−09シリーズ。

     

    TP-09S=シャロー

     

    TP-09D=ディープフェイス

     

    2種類がラインナップされています。

     

    今回のレビューはシャローフェースのTP-09Sです。

     

     

     

     

     

    ロフト 9 10 11 12
    ライ角 59.5度
    フェース角 0.5 0.5強
    体積 450cc
    ヘッド重量 189g〜

     

     

     

    それではTP−09Sの特徴から

     

    ・シャローフェース・ディープバック

     

    従来のヘッドよりもフェース高を7mm。ディープヘッドに違和感があるユーザーにも違和感無くセットアップできます。

    さらにライ角を59.5°とフラットにすることによって左へのミスの恐怖心を軽減できます。

     

    ・SP700編肉カップフェース

     

    純正SP700チタンを冷間鍛造精製でカップフェースに。
    フェース面での溶接が無いカップフェースは打感がソフトに、打球音は落ち着いた乾いた音になり、エネルギー伝達効率が上がることで、フェース全域での反発性能を高め、スイートエリアを外れたインパクトで発生するヘッド自体の余分な振動と手に伝わる嫌なな振動を抑えることで緩むことなく最後まで振り切ることができ、飛距離のロスを最小限に抑えます。鍛造偏肉フェースで適合ヘッドなのにTP-09Dよりも心地よい弾き感のあるフェースに。

     

    ・ショートホーゼル

     

    ホーゼルを短くしネック周りの慣性モーメントを小さくすることで操作性を向上。

    また振り遅れを防止します。

     

     

    今回の試打クラブはロフト10 シャフトがツアーAd MJ−6 フレックスS

     

    アドレスした時点で現在の投影面積MAXのクラブと比べると最高に構えやすく出来ています。

     

    フェースアングルは0.5度ですがほぼストレートに近く違和感を感じ事はありません。

     

    実際打ってみると・・・

     

    打感はSP700独特のフェースにくっついてから弾き感があるような・・感じです。

     

    初速も速く、これ高反発か?と思えるくらいでした。(もちろんルール適合です)

     

    弾道はシャフトがMJなのでつかまるかなと思っていたらストレート!!

     

    つかまりのよいヘッドではなさそうです。

     

    叩いていって、つかまえに行くと強弾道で飛んでいきます。

     

    左に行く心配はなさそうです。こころおきなく叩けるドライバーです。

     

     

     

    | イーグル | 試打ードライバー | 23:46 | comments(0) | - |









    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 golf65@f430gt.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE