元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

<< 世界選手権シリーズ・メキシコ選手権 フィルミケルソン優勝! | main | Jリンドバーグキャディーバック 買ってしまいました >>
USTマミヤ ATTAS PUNCH
0

    今回紹介するシャフトはこれ!

     

    USTマミヤの ATTAS PUNCHです。

     

    USTマミヤのシャフトは派手で目立ちます!遠くからでもわかるしネーミングも面白い。

     

    因みに今回のアッタスパンチ、アッタスシリーズになってから8代目のシャフト。先代のシャフトはG7.6代目はロックスター

     

    以後省略・・・

     

     

     

     

    先端部の新Tip Technologyがヘッドのブレを軽減。これによりスムーズな軌道を生み出し、今までにない強いインパクトを実現します。また、ヘッドのポテンシャルを活かすというATTASの基本コンセプトを実現します。

     

    飛距離を求める叩けるシャフト!

     

    たたき系に多く見られる手元部〜中間部の剛性をややマイルドに設定することで、タイミングがとりやすくしなり感も表現。シャフトのねじれとしなりをコントロールする部分をタイミングの取りやすい設計にしました。

     

    今回のアッタスパンチは黄色を基調とした派手なコスメに仕上がっております。本当にアッタスは派手!

     

    スペックは

     

     

    キックポイントはミッド・・・

     

    余談ですがメーカーのキックポイントの表記がバラバラでわかりにくい。中調子であったり中だったりミッドだったり・・

     

    あまりキックポイントの表記がわかりません。唯一わかりやすいのはスリクソンのシャフト!数字で表記されているのでわかりやすい!

     

    早速試打しました。

     

    ヘッドはテーラーメイド2017年モデルのM1 460です。シャフトは6Sになります。

     

    ワッグルした感じでは手元がしなる印象。私は手元がしなるシャフトが好きなので良いイメージが持てました。

     

    ウォーミングアップもせずに打つと軽いフェード。手元が予想以上にしなり先は硬め。

     

    これは叩いていけそうなシャフトです。計測せずに体を温めてから本気で計測開始です。

     

    先端の動きが少ないので安心して振っていけます。これが振れば振った分だけ飛距離がでるシャフトです。

     

    しかも球のバラつきが少ないシャフトです。ミート率向上も望めますね。

     

    球の高さは中高弾道で上がりやすいシャフトではありません。上がりにくいヘッドにいれると飛距離をロスする可能性も・・

     

    M1やM3などのロースピン系ヘッドに入れる場合は注意してください。

     

    またこのシャフトの特性ならばFWウッドに入れてもマッチすると思います。

     

     

    | イーグル | カスタムシャフト USTマミヤ | 22:46 | comments(0) | - |









    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 golf65@f430gt.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE