元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

<< タイトリスト 818H1 ユーティリティー  | main | 初心者におススメウエッジ フォーティーン MJ33 ウェッジ >>
ゴルフのスペックの重要性
0

    最近こんな質問をいただきました。

     

    『クラブのスペックってそんなに大事でしょうか?』

     

    これは生徒さんからもよく聞かれる質問でもTOP5にはいります。厳密に言えば理論なので人が違えば帰ってくる答えも皆違いますし、クラブは日々進化していますので、10年前の常識がそのままあてはまるかと言えば答えはNOだと思います。

     

    しかも私はクラフトマンでもないので偉そうにいえませんがスペックって大事という考え方ではなく基準(ものさし)として考えています。

     

    スペックといっても色々ありますよね。長さ・重量・バランス・キックポイント・振動数などなど。

     

    私は冒頭にもいったようにクラフトマンではなくプレーヤーです。なのでクラブセッティングはこうあるべきという考え方はしたことはありません。

     

    100切りのコーナーでも書かせて頂きましたが、番手は書いてもスペックに関してはオーバースペックになることは無い様にとしか書いてありません。

     

    私の場合は振りやすいクラブつくり、距離の階段をつくることに重点を置いています。その時に振りやすい、振りにくい関係なく、振動数・長さ・重さ・バランスはいつもいく工房にて勝手に計測し記録しています。これがとっても重要です。計測器によってバラつきがあるので信用できる工房は持っておくとかなり便利です。

     

    またクラブを買うと必ずメーカーが公表しているスペック表の通りになっているか、チェックしてもらいます。メジャーなメーカーでも結構違っている場合があります。全クラブです。特にドライバーは表示とリアルロフトの差が開いています。

     

    しかもやっかいな事にフレックスはメーカによってマチマチだということです。

     

    そんな事をやってると大体自分にあっているスペックが見えてきますし次に工房にてリシャフトする場合に振りやすいクラブが出来る確立が高くなるような気がします。

     

    また自分が振りやすいクラブを作っていくと自然と似たようなバランスになってきます。

     

    あとは重量フローや長さでも逆転さえなければあまり神経質にならなくても私は言いと思います。

     

    とはいっても軽視しているわけではありません。自分にあったスペック=自分の振りやすいクラブで練習している人は確実に上達が速いです。

     

    なので・・・そんなにスペック至上主義ではなくクラブセッティングをつくる上での目安として活用していけば良いのではないでしょうか。

     

     

     

     

    | イーグル | つぶやき | 23:20 | comments(0) | - |









    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 golf65@f430gt.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE