元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

2018年 飛ぶドライバーランキング 地クラブ編
0

    今年から地クラブだけのランキングをまとめてみました。

     

    地クラブだけは2018年モデルだけではなくオーダー可能なクラブをランキング形式でまとめてみました。

     

     

    第1位 REVE TOXIC460ドライバー

     

    このドライバーは空力とヘッドのたわみで飛ばすドライバーです。ロースピンですがディープフェース・シャローバックで打ち出し角を確保しています。平均飛距離もあがるバラつきの少ないドライバーです。2018年は地クラブもヘッドのたわみがトレンドになりそうな予感がします。

     

     

     

    第2位 GTD GTD455 Plus ドライバー

     

    455シリーズ初のカーボンコンポジット採用です。初代455に比べると明らかに優しくなりましたが、ロースピンの棒球がでます。

    初代455で球が上がりきらなかった方はこちらの方が飛距離が期待できます。

    オフセンターでもヘッドがぶれずに飛んでいきます。

    最近は王手メーカーでも何とか反発係数をギリギリまで持って意いこうとはしてますが、地クラブは飛ぶと再確認させられたクラブでした。

     

     

     

    第3位 グランディスタ RS−D ドライバー

     

    グランディスタの黄金比を用いてつくられたドライバーです。

    今までのカーボンコンポジットからフルチタンに変更しだ音・打感共に大幅に改善されました。

    初代RS−001ドライバーより、もつかまったロースピンのドローボールが連発します!!

    ヘッド自体つかまる設計ですので、つかまらないシャフトで叩いていけばもう少し伸びるかなと思いました。

    このヘッドのポテンシャルは素晴らしい!!

     

     

     

    第4位 Progress (プログレス) BB4 ドライバー

     

    このドライバーはソールの溝に特徴がありロースピン・高初速を実現。またスリーブ式なので打ち出し角も調整できます。

    使用されている素材や構造はコストがとてもかかりお値段は高めですが、優しさと飛距離を高次元で融合させたモデルです。

     

     

     

    第5位 ロッディオ コンパクトドライバー ディープバック

     

    ヘッド体積が385ccというコンパクトなドライバーです。

    ラインナップが2種類『ディープバック』と『ミッドバック』があります。

    ヘッドの特性としてはロースピンで中高弾道。つかまる傾向にあります。

     

     

     

     

    第6位 GTDドライバー cod Kドライバー

     

    先代のドライバーGTD455よりも打ち出し角が高くロースピンが打てるドライバーです。

    しかも初速も先代譲りで高初速!

    455ドライバーで球が上がりきれなかった方はcodKがおススメです。

    先代同様スリーブ式ですのでロフト調整が可能ですのでヘッドスピードが速くない方も打てるドライバーです。

    ミスヒットにも強く平均飛距離が上がるドライバーです!

     

     

     

     

    第7位 ムジークオンザスクリューディープコンパクト

     

    今回のオンザスクリューの兄弟分?として発売されたディープコンパクト。名前の通りディープでコンパクトです。

    思い切って振りぬいていけるそんなドライバーです!

    初速はオンザスクリュー同様高いですが、操作性が格段にUP

    球が上がりにくいのでロフト選びには慎重に!

     

     

     

    第8位 ムジークオンザスクリュー

     

    オンザスクリューは飛びの3要素がバランスよくまとまっているヘッドです。

    完璧なロースピンではなく適度にスピンも入るので操作性もGoodです。

     

     

     

    第9位 KAMUI TP−09Sドライバー

     

    今回のTP−09Sは従来のモデルと比べ7mmシャローフェース。

    現在のドライバーの中ではセミシャローな感じです。

    フェースの材質もSP700を使用しており柔らかい打感が特徴です。

    左に行きにくく叩けるドライバーです。

     

     

     

    第10位 バルドTTX420 ドライバー

     

    バルドの新ドライバーです。420と460の2種類がありまして、420のほうです。これは明らかにヘッドスピードがある方向けですね。ロースピン系ドライバーです。

    またスピン量がおおい方や球が上がりすぎる方におススメです。ムジークのオンザスクリューとは1ヤード差です。今回の試打クラブにはエボ不リューション犬刺さっていましたので、MYシャフトにしたら結果は変わるかも。

     

     

     

    第11位 KAMUI TP−09Dドライバー

     

    KAMUIから発売されているTP−09シリーズはディープのTP−09DとシャローフェースのTP−09Sがラインナップされています。

    これは吹け上がってしまう方や、スピン量が多い方には最適なほどロースピンです。

    自分にあったロフトとシャフトで組み立てていたら飛距離はもっと伸びそうなポテンシャルをもったヘッドでした。

     

     

     

    第12位 バルド TTX460 ドライバー

     

    明らかに420と違う弾道です。こっちの方がヘッドがボールを上げてくれます。スピン量は420より増えてます。しかもつかまりやすい。今回は420と460で明確な差をつけてきましたね。

     

    オートマチックに打ちたい方に特におススメ。優しく飛ばしてくれるドライバーです!

     

     

     

    第13位 GIGA HS797アディショナルドライバー

     

    高弾道のドローボールが打てるドライバーです。

    カーボンコンポジット採用でHS797より12%慣性モーメントがUP!

    優しく飛ばせるドライバーに変貌致しました。

     

     

     

     

     

    このランキングは随時更新していきたいと思います。このランキングで注意しなければいけない点は筆者のヘッドスピードが53です。コントロールしてショットすると約49位のヘッドスピードで試打をしています。もちろんヘッドスピードや打ち方などでランキングが上下しますので、私個人のランキングだと思ってください。

    | イーグル | 2018年 ランキング | 13:35 | comments(0) | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 golf65@f430gt.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE