元スクラッチプレーヤーのゴルフナビ

ゴルフに関するブログです。

元スクラッチプレーヤーが考えるゴルフ上達の近道!を本音で公開します。

ホンマゴルフ TW747 460ドライバー
0

    アイアンに引き続きTW747シリーズのドライバーを試打・レビューしたいと思います。

     

    今回のTW747シリーズのドライバーは前作と比べると新機能満載です。

     

    その第一弾として『ホンマゴルフ TW747 460ドライバー』をレビューします。

     

     

     

     

     

     

     

     

    さぁ、封印を解け!

     

    さらなるパフォーマンスはあなた中に眠っている!!

     

     

     

    今回のTW747シリーズのドライバーの共通の機能としてリアルディスタンステクノロジーがキーワードになっています。

     

    リアルディスタンステクノロジーとはスイングパワーを余すことなくボールに伝えきる

     

    リアルディスタンスのメイン機能として4つ挙げられます。

     

     

     

     

     

     

     

    全モデルと比べて一番の違いとしては2つ!!

     

    ホンマゴルフもとうとうカーボンコンポジットになりました。しかも世界最軽量です!!

     

    現時点では460・455の2機種ありますが、モデルごとに余剰重量を再配分しているのでしょう。

     

    あともう一つはノン・ローティング・システムが搭載されています。

     

    スリーブ付きになってライ角・ロフトがかえられます。

     

    支給品は別としてTWシリーズでは初ですね!!

     

    このシステムの利点はロフトやライ角を変えてもシャフトの向きが変わらないこと!!

     

    まーこれで向きが変わればP-PASTの意味もなくなってしまいます。

     

    この辺の造りこみの徹底もさすがはホンマですね!!

     

     

    では早速試打してみたいと思います。

     

    スペックはホンマTW747 460ドライバー ロフト10.5度 

     

    アドレスしてみると・・・・

     

    意外とディ―プフェースでした。455は操作性、460は寛容性を重視していると聞いたあとだったのでビックリです!!

     

    打ってみると打感は硬めに感じました。今までのホンマののドライバーにはなかった打感です。

     

    現在はカーボンコンポジットは主流になりつつあるので違和感は感じませんが、今までのホンマユーザーからすると違和感を感じる打感です。

     

    弾道は高弾道で上がりやすいです。フェースから見るからには中高弾道かなと思いましたが、高弾道でした。

     

    しかもつかまります!!

     

    スピン量は低めですね。

     

    これはロフトの選定に気を付けて頂きたいですね。

     

    もう一つ感じたのは寛容性!

     

    オフセンターヒット時にヘッドがぶれにくい!!

     

    TW737シリーズと比べると大きな進化だと思います。

     

    ホンマゴルフはシャフトの種類と重量、フレックスも豊富にあります。

     

    自分に合ったクラブを選びやすいメーカーだと思います。

     

     

     

     

     

     

     

    | イーグル | 試打ードライバー | 15:26 | comments(0) | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + スポンサーリンク

    スポンサードリンク

    + お問い合わせ先
    ご意見・ご質問などがありましたら下記アドレスまでお問い合わせください。 ゴルフでお悩みの方のご質問の場合、詳しく書いていただければ詳細なアドバイスが可能です。 取り上げて欲しいアイテムがあれば検討しレビューしますのでドシドシお問い合わせください。 お問い合わせ先 golf65@f430gt.sakura.ne.jp
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + スポンサーリンク
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE